住宅FPラボ|家とお金のお悩み相談窓口

❶住宅ローンのご相談とライフプランニング

住宅ローンのご相談の事例


【住宅ローンご相談の事例とメリット】
住宅ローンはライフ(マネー)プランと深く関わっているため、年収だけでは適正な借入額・返済計画を判断できません。
このため、ご相談をお受けしながら同時にライフ(マネー)プランニングをし、将来までお金の流れ・貯蓄額の推移を「見える化」、問題をつぶしていくという進め方をしていきます。
●住宅ローンの商品や手続きについて詳細な解説をいたします。
  他社のFPにはない、具体的な審査・手続きを意識した解説です。

●住宅ローン借入後の家計収支が赤字にならないかわかります。

●教育資金や老後資金などを着実に貯めていける住宅の購入予算がわかります。

●住宅ローンの借りすぎ防止になります。

●住宅計画のセカンドオピニオン。

●住宅ローンの繰上返済が可能かどうか、繰上時期の計画がわかります。

●ローン返済が窮屈になっている場合、借り換えや条件変更の手続きを解説・ご提案します。

●銀行で住宅ローン審査に落ちているが、もう一度チャレンジしたい。

●親子間、配偶者間の売買のローン相談がしたい。(相続・離婚に伴うなど)

●マンション投資を始めたいが、業者作成の計画書を見てほしい。ライフプランにどんな影響があるか聞きたい。


《住宅ローンの審査が心配な方はこちらもご覧ください。↓》







不動産で経済的な失敗を取り返すことは難しいです

このような考えで家の購入を検討していませんか?
×借家は資産にならないし、ローン返済額が家賃程度なら買ったほうが得でしょ?
住居費(固定費)は返済額だけではありません。年間のランニングコスト、メンテナンス、リフォームも考慮していますか?

×住宅ローンの金利が低い今が、買い時のチャンスでは?
完全固定金利でなければ金利は変動します。金利よりも、「ずっとムリがない返済額(借入額)」の方が大切です。

×展示場に行ったら外観や設備がすばらしく、営業担当者も親切なので購入を検討している。
いろいろな角度から検討しないといけません。気持ちが盛り上がった時の契約は危険です。

×ローンの返済を試算したら、なんとなく返済が続けられそうに感じた。
住宅ローン完済までのライフイベント、それにかかるお金、貯蓄残高の推移などを確認しましたか?退職時までにはローンを完済できそうですか?

×営業担当者から自分の想定以上の金額の家が買えると言われ、前向きになっている。
「買える」と「返せる」は全然違います。ずっとローン返済していけるかどうかはご自身のキャッシュフロー表を見てみましょう。

上記にあてはまるような場合、後々大きなリスクを背負うことになりかねません。
住宅の購入とライフプランは深くつながっているため、住宅計画のスタート地点を間違えないようにしないといけません。
「家を買った後の人生設計=ライフプラン」がまず先にあり、それをもとにどんな住宅を求めていくか、ということが大切です。

住宅計画に必須のCF表

住宅取得計画にはライフプランニング(キャッシュフロー表(CF表)を含む)が欠かせません。
人生の大きなお金の流れを知っておく必要があるためです。
とりわけ住宅ローンを利用する場合、「いくら借りられる!」ではなく、「返済を続けていける?」が大切。
なぜなら、収入と支出は人生で数年おきに変化するからです。

弊社では、ライフプランニングをすることによりお客様の住宅取得資金や保険の必要保障額について、適切なご提案をしております。

CF表の事例
(お渡しするデータはA4サイズで50ページ以上のボリュームになります)
ご提案書のサンプル
(CF表から問題点を洗い出し、対策をご提案をいたします)

プランでは税制度や社会保障制度、住宅ローン控除額などがしっかり計上されており、統計値やお客様のご希望も反映されますので、精度が非常に高く、納得・満足のいくプラン表に仕上がります。



キャッシュフロー表の役割

「木を見て森を見ず」という言葉があります。

物事の一部分や細部に気を取られて全体を見失うことのたとえです。ライフプランを想定せず、「今、住宅が必要だから購入する」ということは、このたとえに近いように思っています。
ここでいう木は、毎月の家計簿だったり住宅ローンの返済額のことで、いえば目先の対処しなければいけない事項のことです。

人生はまるで森の中にいるようなものですね

では、森は?

それはご自身やご家族の将来=ライフプランであると考えます。
ライフプランの中では住宅購入やお子様の進学、老後の生活をはじめ、さまざまなイベントが想定されます。
ただ、これらに対しお金はいくら準備したらいいのでしょう?
これを具体的に想定・検討するには
家計プラン表=キャッシュフロー表(CF表)の作成が欠かせません。

CF表はおしえてくれます。

このCF表は、大きな森の中でまるで地図のようにご自身やご家族が今どこにいて、どこに向かおうとしているのかを教えてくれます。
進む道はまちがっていないか、正しいゴールに向かっているかを指し示してくれるものです。
人生100年時代、森の中で迷わないように地図が必要です

CF表には、住宅購入後の家計の動きはもちろん、車の買替やお子様の進学資金、住宅リフォーム、退職後の生活等、これから起こることがある程度確実なライフイベントに必要なお金を盛り込み、その時点での預貯金はいくらになっているかをまず想定します。
次にそれに対しいくらお金が必要か、その金額は適正か、不足ならどう準備するか、を検討していきます。

お客さまには、このように毎日毎月の「木」だけでなく、将来という「森」も見ていただきたいのです。



来店のご予約・お問い合わせ


住宅ローンの手続きサポート、審査否認、親族間売買、相続/贈与、マンション投資、返済条件変更相談、ライフプランニングなど、
住宅ローンとお金に関する不安・お困りごとを解決いたします!

家とお金のことをしっかり相談するならここです!
住宅ローン取扱い2,000件超の1級ファイナンシャルプランナーが、住宅ローンやお金のお困りごとを解決いたします!

住宅FPラボ
(運営)
㈱仙台FP不動産
〒984-0051
宮城県仙台市若林区新寺1-6-8
チサンマンション第3仙台308
TEL 022-349-5712
FAX 022-349-5713
PAGE TOP